課題解決型プログラミングコンテスト"Career Hub"

課題解決型プログラミングコンテスト
"Career Hub"

学生のサービスが社会を変える。

Social Good!!

社会貢献に類する活動を支援・促進するソーシャルサービスの総称、または、そうしたサービスを通じて社会貢献活動を促進する取り組みのことである。

地方の課題を学生の”アイデア”と”技術”で解決するプログラミングコンテスト「Career Hub」
学生がチームを組み、現状のヒアリングから市場調査、実際の開発まで一連した流れでサービスを開発して貰います。企業からは30個のAPIを提供して貰い、普段利用する事が出来ないサービスを体感して頂きます。

全国4都市の協力
(函館、釜石、見附、神戸)
協力企業のAPIの開放
(全30個のAPIを提供)
参加企業からの特別
選考フロー提供

協力都市

北海道函館市
人口:27万人
課題テーマ:暮らし
・函館市の人口減少、転出を止めるためのサービス
・市街地の拡大による空洞化を止めるためのサービス
岩手県釜石市
人口:3.6万人
課題テーマ:文化/観光
・世界遺産を目指す「橋野高炉跡」を中心にした観光ルートを紹介出来るサービス
・釜石に遊びにいくのは不謹慎?被災地と他地域の情報格差を埋めるサービス
新潟県見附市
人口:4万人
課題テーマ:街作り
・住民が歩いて暮らす事が楽しくなるためのサービス
・周辺集落と街中の住宅の住み替えを進めることの出来るサービス
兵庫県神戸市
人口:152万人
課題テーマ:観光
・20〜30代の観光客に対して、新しい観光ルートを楽しめるサービス
・20〜30代の観光客に対して、お土産の購買数増加を促進させるサービス

スケジュール

エントリー
締め切り
7月27日
キックオフ
イベント
8月9日
会場:都内企業内
協力市訪問
8月25日−8月29日
(※内1日のみ)
開発期間
9月1日−9月26日
発表日
9月28日
会場:都内企業内

協力企業
(メンター/API提供)

Q&A

  1. Q1:交通費や宿泊費は学生負担ですか?
    A:キックオフイベント、都市訪問等の費用は運営側が負担致します。
  2. Q2:4つの都市の希望はどこまで通りますか?
    A:都市課題に関しては、8月8日のキックオフイベントにて希望を募り偏りが出ないように運営側で調整致します。
  3. Q3:友人と出たいのですが、チーム申し込みは出来ますか?
    A:エントリーは「チーム」「個人」どちらでも参加可能です。
  4. Q4:企業API以外にも使用していいのですか?
    A:使用APIに関しての縛りはありません。但し、企業提供APIは最低1つ使用して下さい。
  5. Q5:メンター企業はどのように選ばれますか?
    A:基本的にはAPIを使用した企業になります。但し、プラン内容によりメンター企業が変更する場合があります。

お問い合わせ

お名前
電話番号
メールアドレス
(PC)
お問い合わせ内容
内容